読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スナブログ

何モナイ…ガ、ソコニアル。イナカグラシノ日々。

焼きそばブログ再び… 〜ペヤングの中には、きっと幸せが詰まってる編〜

カップ焼きそば

今日は昼前にお母ンが出かけたので、久しぶりにひとりご飯となりました。お母ンがご飯を作ってくれるのは誠に有り難いのですが、一人暮らしが長かった故に、やっぱりたまにはジャンキーな食べ物も恋しくなるんである。

 

滅多にないハメを外すチャンスに、何を食べようか迷ってしまいますが、先日コンビニで思わずカゴに入れてしまったあの食べ物を解禁することにしました。

 

 

 

f:id:sunaburo:20160207134221j:plain

ペヤング大盛 焼そば』

販売元:まるか食品株式会社 エネルギー:1,081kcal 調理時間:熱湯3分

 

 

ハメを外すと言ってもカップ焼きそばなんですがね…。

このレベルのジャンクフードとなると、親と一緒に食すのは難しいものなんですよ。 

 

自分の場合、以前イカスミとのハーフ&ハーフで『超大盛』に挑戦しましたが、ノーマルの『超大盛』は初めて食べます。

まるか食品では例の事件以降、生産を再開してからも暫くは『超大盛』の製造を自粛していたみたいですが、相変わらずのペヤング人気に、ソフト部を潰してまで生産体制を整えて、『超大盛』の復活にこぎつけたようです。

 

日本が世界に誇る自動車メーカートヨタ自動車が、この国に無くてはならない存在であるのと同じく、きっとペヤングも我が国のソウルフードとして、日本人の生活に深く根付いているに違いありません!(←ホントか?)

 

さて、そんなビッグ・タイトルを食すに当たっては、色々と前準備が必要となってくるでしょう。

・まず、このジャンク・ソウル・フード(もう訳わからん)を迎え撃つための心の準備。

・そして1,081kcalの過剰エネルギーを取り込むために、小一時間ほど山道を歩いたり走ったりしてエネルギーを消費しておきます。

・さらに、237gの怪物を胃に迎え入れるため、少しでもお昼の時間を遅らせてお腹を空かせます。焼きそばブログなどを書き始めて時間を潰すと良いでしょう。

 

さて、ダラダラとブログを書いているうちに、丁度よくお腹も空いてきました。

楽しいお昼ご飯を頂きましょう♪

 

f:id:sunaburo:20160207134341j:plain

 

通常麺がしっかり2個入っております。ソース袋もデカイ!

 

アレは…混入してないな…よしよし。

 

 

 

f:id:sunaburo:20160207134555j:plain

 あっ!という間に完成です。

どうですかこの貫禄!タバコでも置いとけば良かったな〜。持っとらんけど。

これだけのボリュームなのに、調理時間たった3分だなんて、まるで魔法です。

 ところで、新ペヤングになってからついに『高速湯切りシステム』が搭載されましたが、以前の『超大盛』の湯切りはさぞかし大変だったことでしょう(笑)

 

f:id:sunaburo:20160207134937j:plain

 おっ、なかなかのシズル感じゃありませんか?この写真!

やっぱりこの味!たま〜に食べたくなるよね!

 

 

 さて、せっかくハメを外せる状況ですので、普段できないことにも挑戦してみました。

 

f:id:sunaburo:20160207135233j:plain

 

どうですか、この背徳感。

この広いフィールド(笑)を活かして、色んなトッピングを試してみました。

こんなこと親の前でやってたら白い目で見られる事間違いなし!

 

感想:

マヨは当然のように合うのですが、ケチャップも意外とマッチする感じでした。

タバスコ七味は、まぁ辛くなるだけですが、お手軽に『激辛ペヤング』作れるな〜という発見がありました。

粉チーズはちょっと好みが分かれるかもしれませんね。美味しいとは思いますが。

 

 ペヤングに味を足すなど邪道!と言われる方もいるかもしれませんが、個人的にはイイこと思いついたな〜と感じています。この先、色々試してみる楽しみができました。

 

f:id:sunaburo:20160207140341j:plain

 

ふぅ〜〜っ!完食しました!

なんだろう…このちょっとした達成感は、『ラーメン二郎』のそれに似てるのかもしれません。

 

 総評:満腹満足!

 

 お腹いっぱいになって、心も満たされる。

 こんな幸せなこたぁないですね。(しみじみ…)

 

 豪華なランチを食べるだけが幸せのカタチではない!…と、庶民の強がり(負け惜しみ)を残して、現場からのレポートを終了したいと思います。

 

 ごちそうさまでした!